京王線「布田駅」すぐ tel.042-480-0556

パニック障害

パニック障害

パニック障害は不安障害のひとつで、突発的な恐怖、不安感、動悸や過呼吸などに襲われるパニック発作と、発作が再度起こることへの予期不安から構成され、これらの症状によって生活に支障を来す障害です。ただし、パニック発作自体は、過緊張から来る自律神経症状であることから、数分~30分程度で治まり、心電図や血液検査などでも異常は認められません。ただ患者さんは、少なからず予期不安から、発作が発生した場所を避けるようになり、そのことで生活範囲を狭めてしまいます。

発症の原因については完全に明らかになってはいませんが、一説によれば脳内の神経伝達物質の異常などが示唆されています。しかし、多くの場合、パニック発作は、慢性的な過緊張によって、引き起こされることから、背景には心理的な葛藤を抱えやすい性格傾向(完璧主義や心配性など)や不規則な生活習慣などが影響を与えていると言われています。

治療の原則は薬物療法で、抗不安薬や抗うつ薬(SSRI:セロトニン特異的再取り込み阻害剤)などが主に用いられます。精神療法では、認知行動療法などを用いることが多いようですが、とらわれやすい性格傾向を扱い、自身の不安から日常生活に視点を転換させるなどの森田療法が有効な場合も多く見受けられます。

潤クリニック

TOPへ